生活苦で借金200万!自己破産して解決した体験談

 

借金

 

年齢:当時38歳
性別:男性
職業:派遣社員
借金の総額:約200万
住んでいる地域:愛知
借金問題を解決した方法:自己破産

 

■自己紹介

 

私は当時38歳で愛知県に住んで派遣社員の仕事をしていました。独身で一人暮らしでした。

 

借金をしたきっかけ

 

みなさんも記憶にあると思いますがリーマンショックのあと全国で派遣切り、雇い止めということが起こりました。

 

私も当時勤めていた派遣会社で雇止めにあい、次の仕事がなかなか見つからずに日々の生活費にも事欠くようになりました。

 

それ以前にも急な出費があった時には消費者金融を利用したことはあったのですが、仕事があるときは事故なく返済していたので、大手4社に合計200万円の与信枠がありました。

 

しかし、雇止め後は借金が増えることはあっても減ることはありませんでした。

 

苦しい借金地獄がヤバかった

 

毎日のように増えていく利息と全く減らない元金。

 

ある消費者金融の返済期限が迫ると、他社から借りて埋め合わせをする、その繰り返しでした。

 

そんな自転車操業が長く続くはずもなく約1年後には200万円近くの借金を背負うことになりとても返せる見込みがなくなりました。

 

毎日不安で不安でしょうがなく、夜もよく眠れず、食事ものどを通らない、ほとんどうつ病のようになりました。

 

とうとう返済が滞るようになって、自分の携帯電話に督促の電話がかかり始め、そのうち実家にも連絡が来るようになりました。

 

借金地獄から助かったきっかけ

 

何とか助かる方法はないのか…とネットで調べてたところ、無料で借金の診断や相談ができるサイトがある事を知りました。

 

そのサイトで、自分の借金の解決方法と、どれくらい借金が減らせるのか?を知ることができたのが、借金地獄から助かったきっかけです。

 

ちなみにこのサイト↓↓↓
http://debt-sodan.net

 

そこで親切に相談に乗ってくれた弁護士さんに問題解決を依頼しました。

 

自己破産をして借金から楽になれた

 

弁護士さんに相談したところ、任意整理という方法もあるが借金がすべてなくなるわけではない、自己破産のほうが完全に借金整理できると言われました。

 

自己破産という言葉に抵抗はありましたが、背に腹は代えられないと思い、自己破産でお願いしますと告げましたが、着手金として30万円必要と言われました。

 

手元には10万円しかなく、分割払いも、後払いもできないと言われ途方にくれました。

 

友人に頭を下げて10万円都合してもらい、残りは2か月かけて日雇い仕事で何とか稼ぎました。

 

弁護士に委任してからは督促の電話もやんで本当に安心したものです。

 

弁護士事務所で申述書というものを作成して裁判所に行きましたが、相手企業の出席はなく約1時間ほど裁判官に事情を説明して無事終わりました。

 

余談ですが、裁判官が弁護士のことを先生と呼んでいたのはなんだか変な感じでした。

 

まもなく自己破産が決定して弁護士事務所に行きました。

 

着手金以外に追加の支払いがあるものと思っていましたが、意外にも経費(交通費、切手代等)の明細書と共に、何万円か返ってきました。あのときは1円でも欲しかったのでとても助かりました。

 

その後は借金をすることもなく平和に暮らしていますが、予想通りクレジットカード等の申請はすべて不可の状態です。

 

それでもなんとかやっています。今借金で悩んでいる人には、まず専門家に相談してみることを強くお勧めします。

 

この頃は弁護士だけでなく司法書士の存在も知られてきてより相談しやすい状況になっていると思います。

 

任意整理、民事再生、自己破産、いずれもなんだか怖い印象がありませすが、返せる見込みのない借金で苦しみ続けるよりははるかにましだと思います。

 

ちなみに借金の相談をするなら以下のサイトがおススメです。無料で借金の診断ができますよ。

 

自分の借金が減額できるか?どうか知りたい!という人はぜひ使ってみて下さい。

 

↓↓↓

 

借金の無料診断シミュレーターはこちら>>